男が教える肌荒れの治し方!男が使うべき洗顔料や化粧水も徹底解説!

 

ブツブツやニキビがたくさん顔中にできていたり、赤く炎症を起こしているなど、

 

肌が荒れに荒れている男性ってたくさんいます。

 

いわゆる、「汚肌」の男性は女性から見たら清潔感がないように感じてしまう方が多いですし、

 

同じ男性から見ても肌荒れが酷い人はちょっと気になる人が多いというのが実際のところです。

 

男の肌荒れと言えば、ニキビに悩まされている方が多く、あとは洗顔料や化粧水などの化粧品が

 

肌に合わなくて肌荒れを引き起こして赤くかゆくなってしまうというパターンもあります。

 

肌荒れがひどい状態を治さないと、女性からの印象も悪くなってしまうので、なんとか

 

美肌にしていきたいところですよね。

 

そこで、肌荒れを治すにはどうしていったらいいか、スキンケアの方法と洗顔料や化粧水の選び方など治し方ついて

 

解説していきます。

 

肌荒れに悩んでいた私自身が男目線で解説していくので、良かったら参考にしてみてください。

男の肌荒れは身体の構造に原因あり

 

 

男性でニキビや赤ら顔に悩まされる方が多いのは、男性の身体の構造に原因があります。

 

女性の約2倍の量の皮脂を男性は分泌されると言われていて、オイリー肌気味の人が男性には多いです。

 

皮脂は様々な肌荒れの元凶になるもので、毛穴を詰まらせてニキビを作ったり、皮脂がたくさん出てしまうと

 

肌に刺激を与えて炎症を引き起こして、赤ら顔にもなってしまいます。

 

ニキビや赤ら顔に悩まされている人は、大量の皮脂が1つの原因なのでなんとかしていかないといけません。

 

肌荒れは乾燥も大きな原因の1つ

 

 

ニキビや肌のテカテカ、赤ら顔といった肌が汚くなってしまうのは皮脂のせいだけではないです。

 

肌が乾燥してしまっていると、肌荒れにもなりやすいんです。

 

男性は保湿ケアを十分にできていない方が多いですが、乾燥してしまうと

 

皮脂は余計に分泌されてしまうようになっているため、肌荒れにつながります。

 

また、肌にはバリア機能といって外的刺激から守る機能が備わっていますが、

 

乾燥するとバリア機能が弱くなって、刺激にも弱くなり肌が荒れやすくなるんです。

 

 

 

そうなると、敏感肌や乾燥肌に傾き、ちょっとの刺激でも肌荒れを引き起こしやすくなる

 

ため、化粧品も合わないものが増えてきます。

 

肌荒れがひどい人は乾燥していることが一番の原因であることが多いため、保湿ケアが重要になってきます。

 

洗顔料や化粧水が合っていないと肌が荒れる

 

 

使っている洗顔料や化粧水が合っていないと、顔がヒリヒリ赤くなったり、かゆくなります。

 

特にアルコール成分が入っている化粧品を使うと、それが肌にしみて肌荒れを引き起こして

 

しまうことが多いです。

 

自分の肌には合わない刺激の強い化粧品を使い続けてしまうと、ニキビや赤ら顔の原因ともなるので

 

選び方には気をつけないといけません。

 

肌に合う洗顔料や化粧水に変えるだけでも肌荒れが治ることはよくあります。

 

男の肌荒れを治すにはどう対策する?

 

 

肌荒れ対策として治し方は内側からアプローチする方法と、外側から

 

アプローチする方法の2つの対策方法があります。

 

生活習慣を改善して身体の中から肌荒れを治していくこともできますし、

 

スキンケアで外から改善していくこともできます。

 

では、どうやっていけばいいのか順番に説明していきます。

 

肌荒れを身体の中から改善する方法

 

内蔵の働きを改善する

 

 

ニキビなど肌が荒れやすい男性は、内蔵が悪い場合がよくあります。

 

胃や腎臓など、内蔵は食べ物や栄養素を分解したり、老廃物を外に排出する

 

役割があります。

 

内蔵が悪いと老廃物が上手に外に排出されづらくなり、悪いものが体内に留まってしまい

 

ます。

 

そうなると、老廃物がニキビとなって顔に現れて、肌が荒れてしまうわけです。

 

内蔵に負担のかかる、お酒や脂っこいものなどは控えて、ビタミン類を摂るなど

 

して身体の内側を改善していくと肌荒れにもなりづらくなってきます。

 

生活習慣を直す

 

 

生活習慣が悪いとホルモンバランスを乱して、男性ホルモンが増えて皮脂の量も増えます。

 

睡眠不足やストレスといったホルモンバランスを乱すことは改善していくことで、

 

肌も荒れづらくなります。

 

肌荒れをスキンケアで治す

 

 

肌荒れの治し方といえば、普段のスキンケアです。

 

ニキビや赤ら顔などの肌荒れはスキンケアのやり方に気をつけてみたり、

 

洗顔料や化粧水を変えることで治すことはできます。

 

洗顔や保湿ケアのポイントや化粧品の選び方について見ていきましょう。

 

肌荒れを治すための洗顔のやり方

 

 

ニキビやブツブツを治したり、洗顔をしてもヒリヒリと赤く肌が荒れない

 

ようにするためには洗顔は正しいやり方でやっていく必要があります。

 

男性は正しい方法で洗顔をしている方があまりいないので、ちゃんとポイントをおさえましょう。

 

1.手を綺麗に洗って清潔にする

2.水か蒸しタオルで顔の角質を柔らかくする(毛穴の汚れが取れやすくなる)

3.泡立てネットで泡を十分に作る

4.泡だけで、鼻・おでこ・顎から洗い、乾燥しやすい頬や目の下は最後に洗う

5.ぬるま湯で洗い残しがないようにすすぎ洗いをする

 

この手順で洗顔をしていきましょう。

 

とにかく、肌を傷めないように、乾燥させないように顔を洗うことで、

 

肌が荒れづらくなるように改善していくことができます。

 

洗顔料の選び方

 

 

洗顔料がヒリヒリして赤くなってしまったり、ニキビができやすい方は

 

洗顔石鹸を使ってみるといいかもしれません。

 

男性用の洗顔フォームはサッパリ感が強すぎて、乾燥しやすく肌荒れにも

 

なりやすいです。

 

ニキビ用の洗顔石鹸やメンズ用の美容石鹸があるので、一度そういった肌に

 

優しいメンズ用洗顔料に変えてみるといいですね。

 

肌が荒れる男性は保湿ケアは念入りに

 

 

ニキビやブツブツ、顔がヒリヒリと赤くなる肌荒れは乾燥を予防すれば

 

改善することは可能です。

 

肌荒れがひどい時の治し方としては、保湿ケアをまずは重点的にやっていきましょう。

 

化粧水や乳液、理想としては美容液もプラスして保湿ケアをしていくと

 

皮脂が抑えられ、ターンオーバーも正常化していくので自然に肌は綺麗に近づきます。

 

化粧水の選び方

 

 

市販の安いメンズ用化粧水はアルコールや刺激となる成分が入っていることが多く、

 

ヒリヒリしみたりしてしまうものが結構あります。

 

そういったものは避けて、刺激となる成分は排除されている低刺激なものや、

 

保湿成分が豊富なものでケアをしてあげましょう。

 

男性であれば、オールインワンタイプの化粧水であれば、1本で保湿ケアができるので

 

おすすめです。

 

乳液や美容液、クリームも合わさっているので男性には便利かと思います。

 

コメントを残す