色白な人が青髭を日焼けで誤魔化さない方が良い理由とは

 

男女問わず、青髭に悩まされる方は多数いますが、

 

特に色白の人は青髭になりやすいですよね。

 

色白の人は肌が薄く、毛の黒さが目立ちやすいため、

 

色が黒い人よりも、青髭がひどくなってしまいがちになるんです。

 

そんな肌が白い人は日焼けをして、色を黒くすると青髭が目立たなく

 

なって良いと言われていますが、それはやめた方が良いです。

 

なぜかというと、青髭対策としてはデメリットばかりだからです。

 

色白の人が日焼けをすると肌荒れを引き起こす

 

 

今すぐにでも青髭を目立たなくさせたいからといって、日焼け止めも塗らずに

 

紫外線を浴びようとする方もいますが、とても危険です。

 

色白の人は紫外線に弱く、日焼けしようと日に頑張って浴びても、

 

肌が赤くなってヒリヒリしたり、火傷みたいに皮がベロベロンに剥けることがあります。

 

日焼け止めを塗っていても、肌荒れを引き起こしたり、綺麗に日焼けができないことも

 

よくあることなので、無理して焼かない方が良いです。

 

青髭が目立たなくなっても、紫外線のせいでニキビやシミといった

 

肌トラブルが増える可能性が大きいですしね。

 

日焼けしてもすぐに色白に戻る

 

 

肌が白い人ならよく分かっていると思いますが、

 

夏などに一気に日焼けしたとしても、気づいたらすぐに

 

色白に戻ってしまいますよね。

 

色白の人は生まれつきメラニン色素が薄く、

 

日が経てば日焼けしたところも垢と一緒になくなっていきます。

 

そのため、青髭を目立たなくさせるためには、年がら年中

 

肌を黒くさせるために焼かないといけないということです。

 

冬は日焼けしづらいので、日焼けサロンにいかないと

 

青髭を隠すことは維持できないでしょう。

 

顔だけ日焼けするのはダサい

 

青髭を目立たなくするために、顔だけ集中して焼こうとするのは

 

ちょっとダサいです。

 

本当は色が白い人が顔だけちょっと黒くなって、他は色白だと

 

とてもバランスが悪くて逆に目立ちます。

 

どうせ日焼けするなら、やはり日焼けサロンに行って全身を焼かないと

 

見栄えとしては悪くなってしまいます。

 

日焼け以外にも青髭は目立たなくする方法はある

 

 

日焼けは色が白い人が青髭を目立たなくさせる方法の1つではありますが、

 

デメリットの方が多いので、おすすめはしません。

 

青髭を目立たなくさせたいのであれば、コンシーラーやbbクリームで

 

隠した方が簡単ですし、一瞬です。

 

男性なら、ちゃんとメンズ用の青髭隠しのためのbbクリームやファンデーションも

 

あるので、問題なく使えるかと思います。

 

青髭をなくしてしまえば問題は解決する

 

日焼けだったり、化粧品で目立たなくさせるのは、青髭を治したわけではなく

 

あくまでも隠蔽工作みたいなものなので、根本的な解決にはなりません。

 

青髭に悩まされないためには、青髭自体にならないように改善するのがベストです。

 

青髭を薄くするためにも、抑毛ローションを使ったり、いっそ脱毛エステで

 

脱毛してもらうのが良いですね。

 

色白の人は特に青髭が目立ちやすいので、ちゃんとした対策をしていった方が

 

後で困ることがありませんよ。