青ひげは抜くと解消できる?それとも悪化する?

 

鼻の下や顎周りといった、ヒゲの生えている部分が青くなる

 

青ひげに悩まされる人は沢山います。

 

芸能人のりゅうちぇるさんも、髭が濃くて青ヒゲが目立って悩んで

 

いらっしゃいますよね。

 

そんなヒゲの処理をしている方なら誰もが悩んでしまうような、

 

青ひげですが、ピンセットで髭を抜くと解消できると言われています。

 

引っこ抜くのはなんか痛そうですが、本当にそれで青ひげを治すことが

 

できるのでしょうか?

 

もし、ピンセットで抜くと青ヒゲはどうなるのか、説明していきます。

 

ピンセットで抜くと何で青ヒゲが治ると言われてるの?

 

 

青ひげはカミソリなどの刃で剃って、毛の根元部分を残してしまうと、

 

それが皮膚に透けて青く見えてしまうことでなってしまいます。

 

そのため、根本の毛も処理してしまえば、髭が青くなることもなくなるので、

 

ピンセットで抜くと青ヒゲが治ると言われているということですね。

 

青ひげは抜くと本当に解消される?

 

 

髭を普通に剃っていては青ひげはいつまでも治らないですが、

 

ピンセットで抜くと青くならないようにすることはできます。

 

実際に、カミソリで剃った後は必ず青ひげになっていた方が、

 

ピンセットで抜くようにしてから青ひげが治ったという方もいます。

 

髭を1本1本抜くのは大変ですし、痛いですが、

 

青くならないように一応解消することはできると言えばできます。

 

ただ、決して良い方法ではなく、悪化することもあるんです。

 

ピンセットで抜くのは青ひげが逆に悪化する

 

 

肌を傷めずに、綺麗に全ての髭をピンセットで抜くことができたら

 

良いですが、それは非常に難しいです。

 

毛抜きの先は鋭角になっていて、先っちょが肌を傷めてしまいます。

 

また、中途半端に毛が半ばで切れてしまうこともありますし、

 

毛を斜めに引っこ抜いてしまうことで、毛穴がその分拡がってしまうことも

 

よくあるんです。

 

そして、ピンセットで抜くと何が起きやすいかというと、埋没毛となりやすいです。

 

毛を抜いてしまうことで、肌にダメージが与えられて、角質が毛穴を塞いでしまって、

 

髭が皮膚の下に閉じ込められてしまい、青ひげが悪化することもあります。

 

一見、全部髭を抜いてしまえば、青ひげを解消できるし、スッキリすると

 

思ってしまいますが、悪いことばかり起きる方法なんですよね。

 

青ひげにならないようにするなら脱毛が最適?

 

 

ピンセットで髭を抜くのは、一時的には青ひげを解消することができる

 

かもしれませが、ずっと続けると肌が傷んで肌荒れやニキビの原因ともなります。

 

また、埋没毛となって青ひげが逆に悪化することもあるので、おすすめはしません。

 

もし、綺麗に青ひげを治したいのであれば、やはり髭脱毛をするのが最適ですね。

 

家庭用脱毛器で今では簡単に髭も脱毛することができますし、

 

ちょっと不安だという方は試しに脱毛エステに行ってみるのも良いかもしれません。