足が埋没毛だらけだったのが治った人の治し方とは?

 

すねやふくらはぎといった足のムダ毛処理の時に困るのが埋没毛(埋もれ毛)。

 

邪魔な毛をなくして足を綺麗に見せたいのに、毛が皮膚の下に埋まって黒いポツポツ

 

になると意味ないですよね。

 

中には足全体が埋没毛だらけで、鳥肌のようにザラザラとしてきたなくなっている方もいると思います。

 

埋没毛は正しい治し方をしないと、いつまで経っても埋まったままで一向に綺麗にならないです。

 

筆者もすね毛の処理をしていたら埋没毛だらけになってしまって、困っていましたが、

 

適切なケアをしていったら治ったんです。

 

今回は、筆者と同じように足の埋没毛を治したくても治らない人のために、

 

治った時にどういったケアをしていたのか方法をシェアしたいと思います。

 

足が埋没毛だらけになるのは自分が原因

 

足が埋没毛だらけになってしまうのは、自然になってしまうのではなく、

 

ムダ毛処理の仕方が悪い自分のせいです。

 

つまり、自業自得ということです。

 

どういった、ムダ毛処理の仕方が悪いのかというと、「ピンセットで抜く」ことと

 

「カミソリで剃る」の2つのやり方です。

 

ピンセットで抜く

 

 

埋没毛で悩む方の大半は、足の毛をピンセットで抜いて処理をしています。

 

ピンセットで抜くと、根本からすっぽりムダ毛を取ることができますが、

 

毛の処理の仕方では最も悪い方法です。

 

ピンセットで抜いても真っ直ぐ毛が抜けるわけではなく、斜めのまま抜けて

 

しまい、毛穴を押し広げてしまうことになります。

 

それに、経験はある方も多いかと思いますが、ピンセットで抜く時に

 

肌を傷つけてしまうことがよくあります。

 

そうなると、肌が荒れて、ターンオーバーが乱れてしまうことで、

 

古い角質が毛の上を覆って、埋没毛を作ってしまいます。

 

ピンセットで足の毛を抜き続けている人は、足が埋没毛だらけになりやすいです。

 

カミソリで剃る

 

 

カミソリで足の毛を剃るのが一番やりやすく、手軽なので

 

ほとんどの人はカミソリで毛を処理しているかと思います。

 

簡単に毛は処理することはできるんですが、ピンセットと同様、

 

肌を傷つけてしまい埋没毛の原因となりやすいです。

 

刃で剃るということは、肌に大きな摩擦を加えることになり、

 

ダメージを与えてしまいます。

 

また、カミソリ負けして、肌が切れて血が出たり、赤くなったりすることも

 

よくありがちです。

 

こういったカミソリによる肌へのダメージは肌を乾燥させて、

 

古い角質を作り、毛を皮膚の下に埋もれさせてしまうわけです。

 

埋没毛だらけだった足が治ったケア方法

 

 

筆者自身、足の毛をピンセットで抜いたり、カミソリで剃って

 

ムダ毛処理をしていたために、埋没毛だらけになってしまっていました。

 

埋没毛を治すにはどうしたらいいか、行きついた治し方をご紹介したいと思います。

 

スクラブやピーリングで埋まった毛を助けだす

 

皮膚の下に埋まった毛を取り出そうと、またピンセットや針でなんとか

 

ほじくりだそうとするのは悪化させるだけなのでやめておきましょう。

 

ターンオーバーが乱れて、古い角質が毛を塞いでしまっているので、

 

スクラブやケミカルピーリングなどで、ターンオーバーを促進させて

 

古い角質を取り除いてあげるのが良いです。

 

塞いでいる角質がなくなれば、埋まっていた毛も顔を出します。

 

除毛クリームを使う

 

ピンセットやカミソリで足の毛を処理していたことで、埋没毛になってしまっていたので、

 

除毛クリームに変えました。

 

除毛クリームは毛のタンパク質を溶かして、ムダ毛を処理をするので、

 

個人差はありますが、カミソリに比べて肌を傷めづらいです。

 

イソフラボンや抑毛成分も一緒に配合されている除毛クリームもあるため、

 

そもそもムダ毛処理の回数が減って、埋没毛にもなりづらくなりますしね。

 

埋没毛用のケアアイテムを使う

 

ムダ毛処理後の保湿ケアはとっても大事です。

 

保湿ができていないと、乾燥して古い角質も残りやすくなりますからね。

 

そうなると、埋没毛も治らないので、しっかりと保湿ケアはしていきます。

 

埋没毛のケア向けの保湿アイテムもあるので、使ってみるといいですよ。

 

筆者はこういった治し方を続けていったら、埋没毛だらけだった足も治ったので、

 

良かったら参考にしてみてください。