鼻の下が色素沈着でシミに!消したい時に試してみたい改善策

 

肌のシミは老若男女問わず悩まされますが、

 

鼻の下が色素沈着でシミになることって結構あるんですよね。

 

鼻の下に黒ずんだシミができてしまうと、ヒゲにも見えてしまうので

 

コンシーラーで隠すこともできます。

 

でも、隠すだけだと限界があるので、どうせなら綺麗にシミを消したいですよね。

 

そこで、鼻の下にシミができてしまった時の改善方法をご紹介していきます。

 

鼻の下にシミができるのはなんで?

 

 

肌にできるシミので、全てに共通する原因は日光による

 

紫外線ですね。

 

メラニンが色素沈着となってシミができた時は、まずは第一に

 

紫外線のせいである節が高いですね。

 

鼻の下も勿論顔の一部で、常に外に晒されている状態なので、

 

紫外線も直に当たる箇所です。

 

夏なんかは急激に強い紫外線を浴びやすい時期なので、シミもできやすいです。

鼻の下に摩擦や刺激を与えていたらアウト

 

 

紫外線でないなら、鼻の下の皮膚に摩擦や刺激を与えてしまっている

 

ことが直接のシミの原因である可能性が高いですね。

 

メラニンは紫外線だけが原因で活発に増えるのではなく、

 

何らかの摩擦や刺激を肌に与えてしまうことでも増えてしまいます。

 

例えば、ヒゲ剃りです。

 

男性の場合は、ヒゲ剃りが日課である方がほとんどだと思いますが、

 

ヒゲを剃る時はカミソリやシェーバーで剃りますよね。

 

ヒゲを剃るのは少なからず、肌にも刃が触れて摩擦がかかります。

 

それが長期的に続くと、色素沈着を引き起こしてシミとなってしまうわけですね。

 

ヒゲ剃りによって鼻の下に黒ずみができてしまうのは、よくあることです。

 

また、タオルなどで口の周りを拭く時に、ゴシゴシとやってしまっていると

 

それが刺激となってシミとなることもあるあるなので気を付けた方が良いです。

 

鼻の下のシミを消すベストな方法とは?

 

色素沈着によるシミは皮膚科に行けば、レーザー治療などでも消すことが

 

できますが、なにぶん費用が馬鹿になりません。

 

男性なんかは特にまだクリニックなどには気軽には行きづらいので、

 

自宅で何とか改善していきたいですよね。

 

そういった時にベストな方法は、やはり美白ケアです。

 

シミを消す=美白ケアが一般的なので、鼻の下のシミも美白化粧品を使って

 

ケアをしていきましょう。

 

何かと鼻の下は紫外線や、摩擦といったようにメラニンを増やす刺激が

 

頻繁に与えられやすい部位です。

 

そのため、何もしなければ色素沈着が治ることも難しいので、

 

まずは美白化粧品でメラニンが増加するのを阻止して、シミを予防しましょう。

 

シミの元凶でもあるメラニンを抑え込んでしまえば、

 

垢が取れる度にシミも次第にどんどん薄くなっていきます。

 

また、美白ケアを続けていれば、新たに色素沈着が起こることもなくなるはずです。