髭が濃くならない剃り方と方法!濃くなる原因も解説するよ!

 

「髭は剃ると濃くなるよ」

 

そんなことを男性なら一度は聞いたことあると思います。

 

もしくは、髭を剃った後に実際に髭が濃くなったのを実感したという方もいるんじゃないでしょうか。

 

もし、それが本当なら髭を剃る度に、濃くなるということになりますが、

 

それは嫌ですよね。

 

髭が濃くならない剃り方や方法があるなら、知っておきたいところですが

 

どうすれば濃くならなくすることができるのか解説していきます。

 

髭を剃ると濃くなるは都市伝説で嘘?

 

 

そもそも、最初に知っておかなければならないのが、

 

カミソリなどで剃っても髭が濃くなるというのは嘘だということです。

 

髭を剃ったら、髭が太くなって前よりが髭が増えたとよく言われますが、

 

医学的根拠は実はないんですよね。

 

でも、あながち間違ってはいないんです。

 

厳密に言えば、髭が剃ると濃くなると言われている原因は

 

髭を剃ることで、髭が濃く見えると言った方が正しいです。

 

髭は剃ると濃く見える理由

 

 

髭は実際には剃っても毛量が増えたりといったことはないですが、

 

剃ってしまうことで髭が濃く見えるようにはなってしまいます。

 

これは髭に限らず、身体のムダ毛にも言えることです。

 

髭が濃く見えるのは剃り方が悪いからという問題よりも、

 

毛の見え方に原因があります。

 

人の毛というのは、根本部分が一番太くて、毛先にかけてどんどん細くなっています。

 

これを剃ってしまうと、根本の部分だけが残って、太い部分からまた新たなに生えてきます。

 

そうなると、髭の毛先が細かった剃る前よりも、剃った後の方が毛先が太くなり、

 

髭が濃くなったように見えるわけです。

 

それに、毛というのは長い時よりも、短い時の方が錯覚で長く見えるようになっています。

 

そのため、剃った後は髭が短いので、実際よりも長く見えて毛が濃く見えるということですね。

 

髭が濃く見えないようにする方法

 

 

髭を剃ると実際は濃くはならないですが、濃く見えるようになってしまうのは事実です。

 

そのため、髭の剃り方を変えるだけでは、髭が濃く見えるのを防ぐことは難しいです。

 

ですが、髭が濃くならないようにする方法がないわけではありません。

 

脱毛器で髭を処理する

 

まず1つ目の方法としては、家庭用の脱毛器で髭を処理することです。

 

イメージとしてはカミソリや電動シェーバーの変わりに脱毛器で

 

髭をなくす感じですね。

 

脱毛器であれば、根本からスッキリ髭を処理することができますし、

 

毎日髭を剃る必要もなってきます。

 

髭が濃くならないようにする方法としては、脱毛が一番手っ取り早いですからね。

 

しかし、脱毛器は数万円はするので、お金をかけることができない男性には

 

現実的ではありません。

 

髭を剃る時に抑毛剤をプラスαで塗る

 

髭の剃り方を変えずとも、髭が濃くならないにする方法は

 

抑毛剤をプラスαで毎日髭の部分に塗ってあげることです。

 

髭を剃ると、髭が濃く見えてしまうなら、髭の生えるスピードを

 

緩やかにしてあげれば良いわけです。