髭の埋没毛(埋もれ毛)の治し方!皮膚の下に埋もれる毛を取り出せ!

 

髭の手入れを毎日やっていると、皮膚の下に毛が埋まってしまうことがあります。

 

この埋まってしまった毛のことを埋没毛(埋もれ毛)といって、

 

黒いポツポツになるので、髭を剃っても目立ってしまいます。

 

これは普段の髭の処理の仕方に問題があり、

 

肌を傷つけてしまうことでなってしまうものです。

 

埋没毛の治し方として、間違った方法でなんとかしようとする

 

男性が多いので、どうやって取ってあげれば良いのか解説していきたいと思います。

 

髭が埋没毛になる原因は処理の仕方にある

 

 

通常、髭の処理の仕方として、剃るかピンセットで抜くのどっちかを

 

やっている男性が多いかと思いますが、これらのやり方が原因で埋没毛(埋もれ毛)

 

になってしまうんです。

 

カミソリで剃ると肌にダメージを与える

 

カミソリで剃るのは普通のことですが、肌に与えるダメージは大きいです。

 

刃が悪いと深くまで皮膚を削ってしまったりと、バリア機能を低下させます。

 

そうなると、ターンオーバーが乱れて古い角質が残ってしまい、古い角質が

 

毛穴を塞いで髭が皮膚の下に埋まってしまうわけです。

 

また、カミソリで剃るとたまに切れてしまうことがありますが、それで

 

炎症を引きこして、かさぶたが毛を閉じ込めてしまうことにもなります。

 

ピンセットで引っこ抜くのは危険

 

髭が埋没毛になってしまう最も多い原因は、ピンセットで抜いてしまうことです。

 

抜毛症というのがあるように、髭を抜くことに快感を覚えてやめられない方もいますが、

 

ピンセットで髭を抜くことはとても危険なことです!

 

ピンセットは先が尖っているため、肌が傷つきやすく、綺麗に抜けるわけではないので、

 

炎症を引き起こして赤いポツポツにもなります。

 

肌も荒れるため、古い角質が埋没毛を作り出してしまうので絶対にやめた方が良いです。

 

髭が皮膚の下に埋まってしまった時のNG行為

 

 

髭が皮膚の下に埋まってしまって、埋没毛(埋もれ毛)となった時に、

 

男性がやってしまいがちなのが、ピンセットで無理矢理ほじくり出そうとすることです。

 

これはNG行為なので、埋没毛ぼ治し方としては間違っています。

 

埋没毛をピンセットで取るということは、毛の上に覆いかぶさっている皮膚を

 

無理矢理こじ開けて毛を引っこ抜くということですから、肌をただ傷めるだけです。

 

埋没毛が取れたとしても、次に生えてくる毛がまた埋まってしまうので悪循環になります。

 

髭の埋没毛(埋もれ毛)を治す正しい方法

 

 

肌が傷んで乾燥して、ターンオーバーが乱れてしまうことで、

 

古い角質が毛を塞いでしまうのが埋没毛の原因です。

 

ということは、埋まった髭に顔を出してもらうためには、古い角質を

 

取り除いてあげることが必要です。

 

そのためには、スクラブ洗顔をして角質を柔らかくしてあげたり、

 

ピーリングでターンオーバーを促進させてあげると良いです。

 

埋没毛の上にある古い角質がなくなったら、毛が出てくるので

 

それを処理してあげます。

 

そして、その後のケアとして、保湿をしっかりとして古い角質がまた

 

毛を閉じ込めてしまないようにしてあげましょう。

 

埋没毛用の保湿クリームもあるので、そういったものを使うのも良いですね。

 

僕もこの方法で髭の埋没毛(埋もれ毛)が治ったので、

 

体験済みです。

 

埋没毛にならないための最終手段

 

 

自分でできる埋没毛(埋もれ毛)の治し方をご紹介しましたが、そもそも

 

埋没毛にならないようにする方が楽です。

 

シェーバーで剃ったり、ピンセットで抜くといった髭の剃り方しか自分では

 

できないので、埋没毛はすぐにまた復活してしまう可能性が高く、一向に治らないこともあります。

 

そうならないようにも、メンズエステで髭の脱毛をしてあげるのが究極の治し方です。

 

プロが丁寧に脱毛をしてくれるので、黒いポツポツからも卒業できるはずです。

 

永久脱毛をすれば、そもそも髭の手入れする必要もなくなるので、髭で悩むこともなくなります。