髭の剃り跡を消す方法!目立つ色素沈着の黒ずみをなくそう

 

髭を剃る時に困ってしまうのげ、髭の剃り跡です。

 

カミソリなどで肌にダメージを与えてしまうことで、

 

色素沈着による黒ずみが鼻の下や口周りにできてしまいます。

 

この黒ずみはいわゆるシミと同じで、髭を剃ったにもかからず

 

髭のように黒く目立ちます。

 

髭の剃り跡があるせいで老けて見えますし、口元が汚くなるので

 

どうにかして消したいものですが、治し方が分からないという人も多いかと思います。

 

そこで、髭の剃り跡によって目立つ黒ずみができてしまった時の消す方法を

 

解説していきたいと思います。

 

まずは髭の剃り方を見直してみよう

 

 

髭剃り後に黒ずみができてしまうのは、

 

髭の剃り方が悪く、肌にダメージを与えてしまい

 

メラニンが色素沈着を引き起こすことが原因です。

 

剃り方が悪いまま毎日髭剃りを続けてしまうと、

 

いつまで経っても目立つ黒ずみは消すことができません。

 

肌へのダメージを軽減できるように、髭の剃り方を

 

見直していきましょう。

 

肌へのダメージを抑える髭の剃り方

 

1.清潔で刃の状態が良いカミソリを用意する

2.蒸しタオルで髭を柔らかくして剃りやすくする

3.シェービング剤を塗る

4.毛の流れとは逆から丁寧に剃る

5.髭剃り後は化粧水などでアフターケア

 

こういった流れで髭を剃るようにしましょう。

 

特にカミソリの状態が悪くて、無駄に肌にダメージを与えて

 

しまうことはあるあるです。

 

また、シェービング剤は肌への摩擦を和らげて、色素沈着の

 

予防にもなるので使った方が良いです。

 

それと、怠りがちな髭剃り後のアフターケアはやっておきましょう。

 

髭を剃った後は乾燥しやすく、乾燥してしまうとターンオーバーが乱れて

 

黒ずみも治りづらくなってしまいます。

 

電動シェーバーを使ってみる

 

 

多くの人がT字のカミソリで髭を剃ることを好みますが、

 

カミソリよりも回転式の電動シェーバーの方が肌へのダメージが

 

少ないと言われています。

 

色素沈着による黒ずみの対策として、肌に負担がかかりやすいカミソリ

 

を使うのをやめてみるのも1つの方法です。

 

ただ、電動シェーバーが肌に合わないという方もいるので、

 

色々試して自分に合った方を使いましょう。

 

髭の剃り方を変えるだけでは黒ずみは治らない

 

 

髭の剃り方を変えて、肌への負担を減らすのは黒ずみの対策には

 

なりますが、それだけでは黒ずみを消すことは難しいです。

 

基本的に色素沈着による黒ずみはターンオーバーの力で垢と一緒にどんどん

 

薄くなってきますが、髭剃りをやめないかぎりまた黒ずみはできてしまいます。

 

そのため、美白ケアでメラニンを抑えて色素沈着にならないようにするか、

 

いっそのこと脱毛をして髭剃りをやめる必要があります。

 

美白ケアで黒ずみの予防をする

 

 

シミの対策によく使われる美白化粧品にはメラニンを抑える

 

働きがあります。

 

髭剃りをしていると、どうしても肌へのダメージは避けられないため、

 

美白化粧品で髭を剃ってもメラニンが増えないように予防します。

 

ただ、あくまでも予防のためのもので、既にできてしまった黒ずみが

 

一瞬にして消えるといったものではありません。

 

美白ケアを続けながら、ターンオーバーの力でだんだん髭剃りの跡を

 

綺麗にしていく形になりますね。

 

脱毛して髭剃りをやめる

 

色素沈着による髭剃り跡は、髭剃りのダメージが原因なので、

 

そもそも髭の処理をするのをやめてしまえば良いわけです。

 

髭脱毛をすれば、肌へのダメージをなくすことができるので、

 

色素沈着による黒ずみを回避することができます。

 

既にできてしまった髭剃りの跡は保湿をして、ターンオーバーの力で

 

徐々に消すことができるはずです。

 

目立つ口周りの黒ずみとは脱毛でおさらばしてしまいましょう。