カミソリ負けによる色素沈着した黒ずみを治す良い方法ってどれ?

 

足や脇などのムダ毛、髭をカミソリで剃るときに、カミソリ負けして

 

色素沈着による黒ずみができてしまうことってよくあることなんです。

 

カミソリの刃の状態が悪かったり、シェービング剤を使わずに剃るとダメージを与えて、

 

メラノサイトを活性化させてしまいます。

 

また、敏感肌や乾燥肌の方はちょっとした刺激にも過敏にダメージを与えられてカミソリ負けして

 

しまうので、色素沈着による黒ずみにもなりやすいです。

 

ムダ毛処理をしている方なら男性でも女性でも、誰でも悩まれるカミソリ負けが原因の

 

黒ずみですが、どうやったら治すことができるでしょうか?

 

治し方をまとめてみたので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

黒ずみの原因となるカミソリ負けの対策をまずする

 

 

色素沈着による黒ずみが治ったとしても、そもそもの原因であるカミソリ負け

 

をどうにか改善していかないと、毛を剃る度にまた黒ずみができてしまいます。

 

カミソリ負けしてしまう主な原因は、元々肌が弱いという体質的な問題よりも、

 

剃り方やスキンケアに問題があることがほとんどです。

剃り方に問題があるとカミソリ負けしてしまう

 

カミソリは新品のものは剃り味がまだ良いですが、使い続けているうちに

 

刃が悪くなって剃り味はだんだん落ちてきたり、錆びてきます。

 

ちゃんと定期的に刃を変えていないと、ボロボロの刃で剃ることになるので、

 

肌が強い人でもカミソリ負けをして大きなダメージを与えて黒ずみを作ってしまいます。

 

清潔で常に剃り味が良いように、定期的に刃を変えてカミソリ負けになりづらいようにしましょう。

 

また、毛を剃る時は摩擦を軽減するための、シェービング剤を必ず使うようにしてください。

 

毛を剃った後のケアがちゃんとできていない

 

カミソリ負けをしてしまうのは、肌が敏感肌に傾いてしまっていることも原因です。

 

肌というのはバリア機能という刺激から肌を守る働きがあり、

 

これが正常ならカミソリ負けはしづらいです。

 

ただ、毛を剃った後は肌が傷み、乾燥しやすいのでバリア機能が低下しやすいです。

 

その時にちゃんと保湿ケアをしてあげれば、バリア機能は維持できますが、

 

保湿ケアをせずに何度も毛を剃っているとバリア機能は壊れてしまいます。

 

カミソリ負けない丈夫な肌を保つためにも、保湿ケアは常に念入りにしておきましょう。

 

カミソリ負けによる黒ずみの治し方

 

 

カミソリ負けによる黒ずみは、紫外線によるシミと同じ

 

ようにメラニンの色素沈着が原因です。

 

そのため、治し方としては、基本的にシミ対策と

 

同じように治すようにしていきましょう。

 

ターンオーバーを促進させる

 

黒ずみの正体であるメラニンをなくすには、ターンオーバーを促進させて

 

外に追い出してあげる方法があります。

 

角質に存在するメラニンであれば、ターンオーバーの時に垢と一緒に

 

外に排出されるため、角質を取り除いてあげれば良いわけです。

 

角質除去にはピーリングが効果的です。

 

ただ、ピーリングはやり過ぎると、皮膚が薄くなってしまいテカテカに

 

なることがあるので注意しましょう。

 

抑毛剤で剃る回数を減らす

 

カミソリ負けが色素沈着による黒ずみの原因となるわけですから、

 

毛を剃る回数を減らしてしまうのも対策方法の1つです。

 

抑毛剤は毛が生える速度を遅らせるために使うものなので、

 

カミソリで剃る頻度を減らすことができます。

 

肌に与える刺激を少なくすることができれば、あとは

 

ターンオーバーの度に黒ずみは薄くなっていくはずです。

 

剃るのをやめて脱毛をする

 

どんなに気を付けても、カミソリで肌が傷んでしまうという方もいると思います。

 

カミソリで剃るのをやめないかぎり、黒ずみが消える、

 

そしてまた黒ずみができるの繰り返しになる可能性があります。

 

毛の手入れをしないで済むように、脱毛を思い切ってしてしまった方が

 

楽になると思います。

 

カミソリで剃る必要もなくなるので、色素沈着による黒ずみは自然に消えて

 

いくはずです。

 

カミソリ負けによる黒ずみができないように治すという意味では、脱毛をするのが

 

適していますね。