毛を剃った後に黒いブツブツが残る原因と治す方法3選

 

ムダ毛を処理したはいいものの、カミソリで剃った後は黒いブツブツやポツポツが

 

残ってしまうことで悩んでいませんか?

 

特に黒いブツブツは、すね・ふくらはぎ・脇・Vラインなどのムダ毛処理後に目立ちます。

 

鳥肌に見えたりと、毛は剃ったとしても汚く見えたら意味がないですよね。

 

この毛を剃った後に残ってしまう、黒いブツブツやポツポツはどうしたら治すことができるのでしょうか?

 

原因と一緒にムダ毛の処理後でも、肌がツルツルになる方法を解説していきたいと思います。

 

ムダ毛処理後に黒いブツブツが残る主な原因3つ

 

 

ムダ毛の処理後に黒いブツブツが残ってしまうのは、自分でカミソリやピンセット

 

で処理してしまうことが原因です。

 

カミソリやピンセットで処理をしてしまうと、どうなってしまうのか見ていきましょう。

 

剃った後の断面が黒く見える

 

ムダ毛を剃った後は根元の毛が残るため、断面が黒く見えます。

 

カミソリで剃ると、どうしても切り口的に毛が斜めの断面となってしまいます。

 

また、根元部分を剃るだけなので、毛穴の表面の毛をなくすことができません。

 

黒いブツブツ、ポツポツとして残ってしまうのは、毛穴に残る毛が原因である

 

可能性が高いです。

 

埋没毛

 

カミソリだと根本の毛が残ってしまうからと、ピンセットで引っこ抜いて処理を

 

する方法もありますが、この方法は埋没毛となる原因になります。

 

ピンセットで抜く時に肌を傷つけて炎症を引き起こし、かさぶたを作り

 

毛が皮膚の中に埋まってしまうのが埋没毛です。

 

毛が皮膚の中に入りこんでしまっているので、カミソリで剃っても剃れないため、

 

黒いブツブツに見えてしまいます。

 

ムダ毛を剃った後の黒いブツブツを治す方法

 

 

毛を剃った後に黒いブツブツができてしまうのは、カミソリやピンセットで

 

自分で中途半端な処理の仕方に原因があります。

 

そのため、そういった方法を変えて、違う方法でムダ毛処理をしていくようにしましょう。

 

除毛クリームでムダ毛処理をする

 

カミソリやピンセットで毛を処理してしまうと、下手に肌を傷つけてしまったり、

 

うまくツルツルな肌にすることは難しいです。

 

除毛クリームの場合、毛を溶かして処理するため、根本の毛は残っても、

 

表面の毛はなくせるので黒いブツブツになりづらいです。

 

また、除毛クリームには抑毛剤としての役割もあるものもあって、

 

ムダ毛処理後のケアも同時にできます。

 

お手入れをする回数も減らすことができるので、自分でムダ毛処理をする方法としては

 

カミソリやピンセットよりも適していると言えます。

 

脱毛器でツルツルに脱毛する

 

黒いブツブツを解消したいのであれば、やはり脱毛が一番効果的だとは言えます。

 

家で使える脱毛器は沢山ありますが、ちゃんとした効果が発揮されるのは

 

高いものばかりです。

 

しかし、ムダ毛処理後の黒いブツブツを治すには、使ってみたい方法ではあります。

 

脱毛エステで治す

 

ムダ毛を剃った後でもツルツルな肌にしたいのであれば、そこはプロに任せるのが

 

確実性と安全性は高いです。

 

永久脱毛をすれば、そもそも毛を剃ったりする必要もなくなるので、悩むことはなくなるはずです。

 

黒いブツブツを治す方法としては、最終手段として考えておけばよいですね。

 

ただ、かなりのお値段になることは覚悟しておかなければならないです。