男性で目の下のクマがひどいし治らない原因と正しい解消法を解説!

 

体調も悪くないし、睡眠もちゃんと取っているのに目の下にクマが
出現してしまう男性も結構いますよね。

 

「体調悪いの?」と言われてしまいそうなほど目の下のクマがひどい人もいたり、
慢性的にずっとクマが治らないという人もいます。

 

もし、色々やってみても、目の下のクマが全然治らないという男性は、治し方が間違って
いるかもしれません。

 

今回は、目のクマを解消したい男性のために、正しい治し方を解説していきたいと思います。

 

目の下のクマは種類によって解消法は違う!

 

目の下のクマは主に3種類に分けられて、

 

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

の3つがあるんです。

 

それぞれのクマのタイプによって、原因も違いますし、解消法も違ってくるので
目のクマを消そうと思っても治らなかった人は対処の仕方が間違っていたかもしれません。

 

そこで、クマのタイプ別に解消法を順番に解説していきます。

 

自分がどれに当てはまるかを確認して、それに合った治し方をしていってみてください。

 

青クマの原因と治し方

 

 

老若男女問わず、目の下のクマで一番多いのが青クマです。

 

青黒くなっているクマなら青クマである可能性が高いですね。

 

青クマは血行不良によって、目元の血の流れが滞ってしまうことでなります。

 

スマホやPCを見て目を酷使したり、運動不足、寝不足といった目の血行を悪くさせる
ような生活習慣を送っているとなりやすいですね。

 

徹夜が続いてる時なんかは、ひどい青クマになりやすいです。

 

また、色白だったり、皮膚が薄いと目立ちやすくなります。

 

青クマを治すには、目の周りの血行を良くしましょう。

 

アイクリームを使って優しく目の周りをマッサージして
血行を促進させるのは効果的です。

 

また、寝不足や運動不足であれば、しっかりと睡眠を取り、
軽く運動もして新陳代謝を上げましょう。

 

茶クマの原因と治し方

 

 

男性で悩んでいる方が多いのが、目の下の茶クマです。

 

茶クマはメラニンが色素沈着してできるもので、シミと同じといってもいいですね。

 

色素沈着が起こる原因は様々で、男性の場合、紫外線の影響や目の擦り過ぎ
といったことが考えられます。

 

目の下の皮膚は他の部位よりも何倍も薄く、紫外線や刺激の影響が受けやすいところで
色素沈着にもなりやすいんです。

 

男性の場合、目元のUVケアをしている方は少なく、
紫外線によって色素沈着になることが
多いです。

 

また、目が痒くて力強く擦ってしまうのも茶クマの
大きな原因ですので気をつけた方がいいです。

 

 

茶クマを消したいのであれば、美白化粧品を使うのが効果的です。

 

男性は美白化粧品を使う習慣があまりないかもしれませんが、ひどい茶クマを
治すには使っていった方が良いですね。

 

通常の美白化粧品は予防する作用しかないので、既に目の下が茶色くなって
しまっているならば、ハイドロキノン配合の化粧品でケアをしてあげましょう。

 

目元はデリケートなので、ハイドロキノンの濃度の低いビーグレンなどがおすすめです。

 

黒クマの原因と治し方

 

 

目の下にくぼみができていて、影となっていて黒くなっている場合は黒クマです。

 

これは40代以降である程度年齢を重ねた方に多く現れてくるクマです。

 

黒クマができるのは加齢による老化が原因で、目の下の皮膚が痩せてしまうことと、
下まぶたがたるんで影を作ってしまうことが主な原因です。

 

歳を取ると、肌のハリや弾力を支えていたコラーゲンとエラスチンが減少してしまい、
皮膚が痩せたり、たるんでしまうようになります。

 

つまり、コラーゲンとエラスチンが老化によって不足してしまったことが黒クマの
大きな原因とも言えます。

 

そのため、黒クマの治し方としては、目元の皮膚痩せとたるみを改善するために、
コラーゲンとエラスチンを増やす効果のあるアイクリームや美容液を使っていくのが良いです。

 

例えば、レチノールやEGF・FGF、ビタミンC誘導体といった美容成分が配合されている
ものを使うのが良いと思います。