背中にできる赤いブツブツの原因と治し方!汚い背中はもう嫌!

 

普段、お風呂などで鏡を見る時は、背中を確認することが

 

なく背中に赤いブツブツができてしまっても中々気付かないものです。

 

銭湯やプールで「なんか、背中にブツブツができてるよ?」と言われて

 

初めて気付く方もいるかもしれません。

 

背中は基本的には人の目に晒されませんが、

 

背中が汚いのは気になるものですよね。

 

実は赤いブツブツにも種類があり、それぞれ原因が違ってきます。

 

そこで、どうして背中にブツブツができるのか、

 

原因と一緒に治し方もまとめていきたいと思います。

 

背中にブツブツができる原因

 

 

背中にできるブツブツといっても、痒みや痛みを伴うものであったり、

 

痒くないし痛くもないものもあります。

 

それぞれ、どういった違いがあるのでしょうか?

 

背中ニキビ

 

背中の赤いブツブツの正体の大半が、みんなが大嫌いなニキビです。

 

ニキビだと痒いし、触ったら痛いので、背中だと手が届かないしとても気になりますよね。

 

顔にできるニキビの原因は毛穴が詰まって、アクネ菌が増えることで炎症を

 

起こすことですが、背中ニキビの場合はマラセチア真菌が大きな原因となります。

 

カビの一種であるマラセチア真菌が刺激となる物質を作りだして、

 

それが炎症を引き起こしてニキビをつくるわけです。

 

背中は皮脂腺が多く存在していて、皮脂が大量に出やすく、

 

マラセチア真菌も発生しやすいです。

 

マラセチアが背中ニキビには関係していることから、マラセチア毛包炎と

 

背中ニキビは本来呼ばれます。

 

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は毛穴の周りに古い角質が溜まってしまうことで、

 

盛り上がってブツブツになってしまう状態のことを指します。

 

ニキビのように炎症を引き起こしているわけではないので、

 

痒みや痛みがありません。

 

思春期の頃になりやすいと言われていて、

 

原因としては遺伝や体質、ホルモンバランスの乱れなどが関係しています。

 

また、古い角質が残ってしまうことでなるものなので、ターンオーバーが

 

乱れてしまっていることも原因として考えられます。

 

背中のブツブツを治すには

 

 

背中の赤いブツブツのほとんどがニキビである場合が多いので、

 

ニキビケアをまずは行ってみましょう。

 

背中はシャンプーやボディーソープなどがしっかりと洗い落とせていない

 

ことが多く、それが刺激となるので、ちゃんと洗い流すように気をつけましょう。

 

また、寝具やパジャマといった、寝る時に背中に触れるものが不清潔だと

 

ニキビの原因ともなるので、一度見直すのも必要です。

 

そして、背中のブツブツの治し方として、絶対にやっておきたいことが保湿です。

 

保湿は顔を重点的にしがちですが、ブツブツを治すには背中の保湿もボディークリームや

 

保湿ローションを使ってやっていきましょう。

 

ニキビケア用の保湿ローションなどを背中に塗ってあげると良いと思います。