男が教える目の下の茶クマの解消法!治った人の治し方とは?

 

目の下のクマにもいくつかタイプが別れていますが、男性でも悩んでる方が多いのが「茶クマ」

 

目の下が茶色に変色してしまう茶クマは、ひどい人だと他の箇所の肌の色と全然色が違ってすごく
目立つこともあります。

 

しかし、茶クマは生まれつきのものではなく何らかの原因でなってしまうものなので、解消法は
ちゃんとあります。

 

治った人はどんな治し方をしていたのでしょうか。

 

茶クマができる原因は?

 

茶クマはできないように気をつけていれば、回避することはできるんですが、
色々なことが重なると目の下を茶色く変色させてしまいます。

 

1.紫外線によるメラニンの沈着

 

 

まず第一に原因として疑った方が良いのは、紫外線によるメラニンの色素沈着です。

 

茶クマというのは目の下が日焼けしたような状態であることが男性では多いですね。

 

男性の場合、普段から目の周りまで日焼け止めや美白化粧品を塗って、紫外線対策を
している方は少数派だと思います。

 

強い日差しや長時間日光を浴びると目の周りが紫外線によって色素沈着を引き起こし、
シミとなるわけです。

 

紫外線対策をあまりしなくても若い時は平気だったのが、30代、40代となって長い時間を
かけて蓄積されたものがシミとして目の下に現れることもあります。

 

2.目の下を擦ってしまっている

 

 

色素沈着によって肌が茶色くなるのは、何も紫外線のせいでだけではありません。

 

皮膚に刺激が加わることによって、メラノサイトが刺激されてメラニンが増加し
色素沈着となるため、目を擦るのも茶クマの原因となります。

 

花粉症や眠くなった時など、急に目が痒くなる時って誰でもあるかと思います。

 

その時に手で頻繁に強く目を擦っているとそれが刺激となってメラニンが増加してしまうので、
極力擦らないようにした方が良いです。

 

茶クマの治し方

 

茶クマを治したいのであれば、まずは目の下にも日焼け止めを塗って、紫外線による
色素沈着を起こさないように対策をしましょう。

 

しかし、日焼け止めは茶クマ対策には1つの方法ではありますが、効果的な方法とは言えません。

 

あくまでも日焼け止めは紫外線による日焼け・シミを予防するものであって、目を擦ったりして
起こる色素沈着の対策にはなりません。

 

また、持続時間も数時間と何回か塗直さないといけません。

 

そこで、美白化粧品を使うと茶クマ対策はより効果的になります。

 

美白化粧品で茶クマは治らない?

 

女性がよく使っているような美白化粧品はメラニンを抑える効果があるため、紫外線だけでなく
目の下を擦ったりとした刺激による色素沈着の予防にもなります。

 

そのため、日焼け止めを単純に塗るだけよりも茶クマの対策としては良いです。

 

しかし、市販の美白化粧品に含まれる、ビタミンC誘導体やアルブチンといった美白成分は
茶クマを治す効果はありません。

 

メラニンを抑える効果があるだけで、茶クマをできないようにする予防策としてしか使えません。

 

既にできてしまっている茶クマを治すには直接的には効果は発揮しないので注意が必要です。

 

茶クマを治すにはハイドロキノン?

 

美白化粧品では茶クマを解消するには直接的な効果がないということでしたが、
ハイドロキノン配合の化粧品は例外です。

 

ハイドロキノンは唯一、シミを薄くする効果が認められている美白成分で茶クマを
消すのにも効果的であると言われています。

 

ハイドロキノンで目の下の茶クマが治ったという方もいるので、一度試してみる価値はあります。